同志社大学 国際課

留学・外国派遣奨学金

奨学金情報

日本から海外へ留学される方を対象とした自由応募の奨学金の募集については、以下の独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の“海外留学奨学金検索サイト”で条件に合わせて検索することができます。
《検索可能な奨学金》
  ・日本学生支援機構(JASSO)奨学金
  ・地方自治体奨学金
  ・外国政府奨学金
  ・民間団体奨学金

 日本学生支援機構(JASSO)海外留学奨学金検索サイト 

自由応募の奨学金についてのお問合せ及び出願は、直接取り扱い機関へお願いします。
大学で取りまとめて出願する奨学金については、このページで学内募集の詳細をご案内します。その場合、募集団体の出願期間と同志社大学内での出願期間等が異なることがありますので、十分ご注意ください。
その他、JASSOの「海外留学奨学金検索サイト」に掲載されない奨学金募集については、このページでご案内します。

公益財団法人佐藤陽国際奨学財団 2020年派遣留学奨学生募集

公益財団法人佐藤陽国際奨学財団では、下記国へ留学を希望する日本国籍を有する学生に対し、奨学支援を行っています。奨学生への出願希望者は、「募集要項」を熟読し、出願要件を確認の上、出願してください。

該当国:バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、ベトナム

募集要項公益財団法人佐藤陽国際奨学財団2020年派遣留学奨学生募集要項[PDF 1.2MB]
学内出願締切2019年12月20日(金)17:00
国際センター国際課(今出川・京田辺)
開室時間:9:00~17:00(11:30~12:30を除く)
※土・日・祝日を除く
大学を通じて書類を提出するため、学内出願締切までに必ず国際課に提出すること。
(財団の募集期間とは異なるのでご注意ください。)
出願方法 以下の出願書類を国際センター国際課(今出川校地または京田辺校地)へ提出すること。(郵送での提出不可)
2020年派遣留学奨学生申請書(所定用紙)[PDF 564KB]
指導教員推薦書(所定用紙)[PDF 186KB]※厳封されていること
エッセイ(所定用紙)[PDF 115KB]
派遣留学計画書(所定用紙)[PDF 191KB]
経費計画書(所定用紙)[PDF 219KB]
⑥同志社大学の在籍証明書
⑦同志社大学の成績証明書
承諾書(所定用紙)[PDF 110KB]
留学スケジュール(同志社大学所定用紙)[PDF 60KB]
※大学院生の応募者は、その他の提出書類があるため、募集要項をご確認ください。
注意事項 ・募集要項を十分確認の上、出願すること。
公益財団法人佐藤陽国際奨学財団への直接問合せ・出願をすることはできません。質問・問合せをする場合は、国際課へ行うこと。
問合せ先 同志社大学国際センター国際課
E-mail:ji-kksai@mail.doshisha.ac.jp
Tel:075-251-3260

公益財団法人 業務スーパージャパンドリーム財団
2020年度派遣留学奨学生募集のお知らせ

募集要項2020年度派遣留学奨学生募集要項 募集要項[PDF 693KB]
※募集要項を熟読の上、出願すること。
※出願書類・書類提出期限・書類提出先については、以下を合わせて確認すること。
出願書類※①~③の所定用紙は 財団ホームページ
から直接ダウンロードすること。
①申請書(※所定用紙)
②誓約書(※所定用紙)
③指導教員推薦書(※所定用紙)【厳封】
④在籍証明書原本
⑤学業成績証明書原本
※編入生の方は編入前の成績証明書もあわせて提出すること
⑥現在履修中の授業科目がわかる書類
⑦語学能力を証明する資料の写し
⑧ボランティア参加経験のある方はその証明書の写し
書類提出学内提出期限:2020年1月22日(水)17:00【厳守】
※開室時間:土日祝日を除く9:00~17:00(11:30~12:30を除く)
大学を通じて書類を提出するため、学内提出期限までに必ず国際課に提出すること。
(財団の募集期間とは異なるのでご注意ください。)
書類提出先:
国際センター国際課窓口(今出川校地または京田辺校地)
※郵送提出不可
財団に直接書類を提出することはできません。
問い合わせ先同志社大学国際センター国際課
E-mail:ji-kksai@mail.doshisha.ac.jp
Tel:075-251-3260
財団に直接問合せをすることはできません。質問・問合せをする場合は、同志社大学国際課へ行なうこと。

2020-2022年度Japan-IMFスカラシップ・プログラム(JISP奨学金)募集のお知らせ

本プログラムは、海外でマクロ経済学博士号を取得しIMFエコノミストになることを目指す日本学生対象の2年間の奨学金制度です。

応募資格日本国民で
・日本国外の大学でマクロ経済学の博士課程に在学中か、同課程に出願中の者
・博士号を34歳までに取得できる者
奨学金大学院でマクロ経済学を2年間学ぶために必要となる経費を支給;学費全額、医療保険、対象の旅費、月々の生活手当、年間の書籍購入費を含む
申込締切日2019年12月31日
詳細Japan-IMFスカラシップ・プログラム概要(日本語サイト)
Japan-IMFスカラシップ・プログラム募集要項および申請(英語サイト)

2020年度 (財)霞山会 中国・台湾へ留学する日本人学生への奨学金支給 募集のお知らせ

応募資格日本国籍を有し、近現代中国あるいは台湾に関する政治、経済、歴史、文化の各分野を専攻する者で、留学時に大学3年以上で年齢が満35歳未満の者。大学・研究所間の交換協定(留学先等において奨学金の支給、宿舎の無償供与がないもの)、あるいは私費で中国・台湾に留学する者で、将来研究職を目指す者、あるいは現在研究職に携わる者。
対象期間1)2020年4月~2021年2月
2)2020年9月~2021年7月 ほか
待遇奨学金 12万円/月
応募締切2020年1月15日(水)必着(霞山会に直接持参の場合は16時まで)
詳細(財)霞山会ホームページ

2020年度ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生募集のお知らせ

詳細は以下のホームページよりご確認ください。
ドイツ学術交流会(DAAD)ホームページ(外部サイト)

<DAAD学部卒業(又は見込み)生のための留学奨学金>
給付期間10~24ヶ月
審査方法1次(書類)、2次(面接)
応募締切2019年10月1日

<DAAD大学院卒業(又は見込み)生および若手研究者のための研究奨学金(短期)>
給付期間1~6ヶ月
審査方法書類審査のみ
応募締切2019年11月15日(2020年4月以降出発)
2020年4月30日(2020年10月以降出発)

<DAAD修士卒業(又は見込み)生のための研究奨学金(長期)>
給付期間7~48ヶ月
審査方法1次(書類)、2次(面接)
応募締切2019年10月1日

<DAAD音楽・造形美術・デザイン・映画・舞台芸術・建築学部卒業(又は見込み)生のための留学奨学金>
給付期間10~24ヶ月
審査方法書類審査のみ
応募締切(建築)2019年9月30日
(音楽)2019年10月15日
(舞台芸術)2019年10月31日
(造形芸術・デザイン・映画)2019年11月30日

公益財団法人 福井県アジア人材基金・長期海外留学奨学金募集のお知らせ

対象者
  • 福井県内の大学・短大・高専・大学院に在籍する学生等(18歳以上35歳以下)
  • 福井県出身で、福井県外の大学・短大・高専・大学院に在籍する学生等(同上)
留学期間原則6か月以上(6か月未満の留学であっても対象として認める場合があります。)
貸与条件
  • 海外の大学等で正規の授業科目を履修するもの
  • 海外の大学等で授業科目を履修した後、在籍する大学等において単位が認定されるもの
  • 海外の大学院レベルの研究留学で、在籍する大学等が適当と認めるもの
  • 海外の教育機関が提供する語学研修プログラム等であり、履修後に修了証明書が発行され、かつ在籍する大学等が適当と認めるもの(アジア圏内への留学を優先しますが、アジア以外の地域への留学であっても対象として認める場合があります。)
貸与額※無利子貸与、返還免除あり
(A)居住費や留学先の教育機関に支払う諸経費
最長12か月・60万円(5万円/月)
※ただし、大学院レベルの研究留学は最長24か月・120万円
(B)渡航や査証取得に要する費用 10万円
※(A)+(B)で、最高70万円を貸与(※ただし、大学院レベルの研究留学は最高130万円)
返還免除の条件卒業後、福井県に本社を持つ企業に就職し、3年間就業を継続した場合には、奨学金の返還を免除
応募詳細公益財団法人 福井県アジア人材基金サイト(外部サイト)

京田辺市海外留学補助金のお知らせ

詳細下記、京田辺市のサイトをご確認ください
京田辺市海外留学・ホームステイ受入補助金
問合せ先京田辺市 市民部市民参画課
TEL:0774-64-1314

ヴァニエ・カナダ大学院奨学金(Vanier Canada Graduate Scholarship)のお知らせ