こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 国際課ホーム
  2.  > 海外に留学を希望する方
  3.  > 留学・外国派遣奨学金
  4.  > 奨学金情報

留学・外国派遣奨学金

奨学金情報

日本から海外へ留学される方を対象とした自由応募の奨学金の募集については、以下の独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の“海外留学奨学金検索サイト”で条件に合わせて検索することができます。
《検索可能な奨学金》
  ・日本学生支援機構(JASSO)奨学金
  ・地方自治体奨学金
  ・外国政府奨学金
  ・民間団体奨学金

 日本学生支援機構(JASSO)海外留学奨学金検索サイト 

自由応募の奨学金についてのお問合せ及び出願は、直接取り扱い機関へお願いします。
大学で取りまとめて出願する奨学金については、このページで学内募集の詳細をご案内します。その場合、募集団体の出願期間と同志社大学内での出願期間等が異なることがありますので、十分ご注意ください。
その他、JASSOの「海外留学奨学金検索サイト」に掲載されない奨学金募集については、このページでご案内します。

2018年度オーストラリア政府奨学金 エンデバー奨学金 募集のお知らせ

※ 応募締切: 2017年6月30日(金)

エンデバーエグゼクティブフェローシップ
支援対象オーストラリアでの専門能力開発
支援期間1ヶ月から最長4ヶ月間
支援金額限度額18,500豪ドル

エンデバー大学院奨学金
支援対象オーストラリアの大学院で修士又は博士課程(コースワーク、リサーチいずれも可)
支援期間修士課程は最長2年、博士課程は最長4年
支援金額修士課程限度額140,500豪ドル、博士課程限度額272,500豪ドル

エンデバー研究フェローシップ(チュンコン研究フェローシップ含む)
支援対象オーストラリアで実施する日本での修士・博士課程につながる短期研究や博士研究員の短期研究
支援期間4ヶ月から最長6ヶ月間
支援金額限度額24,500豪ドル

エンデバー専門技術奨学金
支援対象ディプロマ、アドバンス・ディプロマ、準学士課程
支援期間1年から最長2年半
支援金額限度額131,000豪ドル

応募の詳細は以下URLをご確認ください。
オーストラリア大使館エンデバー奨学金(外部サイト)

松下幸之助記念財団 2017年度 松下幸之助国際スカラシップ 留学生募集のお知らせ

応募受付期間 2017年6月1日(木)~7月21日(金)必着
助成対象研究 アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の大学・大学院及び政府研究機関に所属しての調査研究。この場合のアジアとは西は西アジア(注1)、中央アジア(注2)、北はモンゴル、南はインドネシアまでとする。アフリカはアフリカ大陸と周辺の島嶼部。ラテンアメリカはメキシコ以南(カリブ海地域を含む)。
(注1)アラビア半島6カ国・アフガニスタン・イラン・イラク・イエメン・レバノン・シリア・ヨルダン・イスラエル・トルコ・キプロス
(注2)カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタン・トルクメニスタン
(アジア・アフリカ・ラテンアメリカ研究のための、米、欧、豪州などへの留学・研究は対象外とする。)
応募資格・条件・ 日本の大学・大学院ないしは研究機関に学生・教員・研究員として在籍する者
・日本国籍を有する者(海外在住者は除く)もしくは日本国に永住を許可されている者
・認定式(2018年2月下旬を予定)出席後から、2019年3月までに留学・研究を開始する者
※但し、同期間中に留学・研究が開始できるよう、留学・研究先の選定・入学手続きに関しては申請者本人が行うものとする。
・留学・研究する大学等において研究を進めるに十分な語学力を有する者
・2017年4月1日時点に年齢40歳未満である者
・他の奨学金を受給していない者(併願の場合、結果判明次第、当財団と相談すること)
募集人員 学部生5名程度、大学院生・研究機関在籍者15名程度
奨学金 月額14万円
・奨学金には、生活費、入学金、授業料、及び書籍代等研究に必要な諸経費、ならびに保険料など全てを含む。
・奨学金の支給開始は、入学許可証(または受入許可証)及び入国査証提出後とする。
・原則として 3ヶ月ごとに本人名義の日本国内銀行口座に振込む。
渡航費 1往復分相当の補助
※支給額は、渡航先、地域などにより異なります。(財団規定により設定)
支給期間 1年~2年(学部生は9ヶ月~12ヶ月)
応募詳細 応募の詳細は下記URLでご確認ください
公益財団法人 松下幸之助記念財団ホームページ(外部サイト)

平成30年度派遣 皇太子明仁親王奨学金 奨学生募集のお知らせ

応募受付期間平成29年11月13日(月)~11月24日(金)必着
留学先ハワイ大学マノア本校(ホノルル市内)
※奨学金支給にあたっては、ハワイ大学マノア本校に合格することが前提となります。出願準備、出願は各自で行ってください。
留学期間平成30年8月~9月より2年間
募集人数1名
奨学金
  1. ハワイ大学の学費免除
  2. 生活費等として年間25,000ドル
  3. 渡航旅費(上限あり)
応募資格
  1. 日本国籍を有する(二重国籍を持たない)者
  2. 当奨学金応募時に、日本の大学の大学院修士課程もしくは博士課程に在学している者(在学証明書の提出を求めることがあります)。なお、応募時に日本の大学の最終学年に在学し、平成30年4月1日に日本の大学院に進学することが確実な者の受験も認める。
  3. TOEFLの成績がiBT 92点(PBT 580点)以上もしくはIELTSの成績が6.5以上の者(※ハワイ大学大学院受験には、GRE(進学適性試験)の成績が求められる場合もあります。)
  4. 当奨学金に応募したことのない者
  5. 他の奨学金を受ける予定のない者(併願は可)
希望する人物
  1. 英語による意思伝達に堪能な者
  2. 日米両国間の友好関係の推進に深い理解を示すことができる者
  3. わが国の歴史・文化・地理、さらに最近の問題について十分な知識を有する者
  4. 学業成績が優秀であり、優れた研究成果をあげる見込みのある者
  5. 指導力・熱意・適応性・自主性があり、目的意識のはっきりしている者
  6. 健康状態が良好な者
詳細経団連ホームページ

松本・土井アイリン海外留学助成金 平成29年度(2017年度)助成希望者募集のお知らせ

応募締め切り 第1回 平成29年(2017年)6月2日(金) (H29年8・9・10月に留学を開始される方)
第2回 平成29年(2017年)11月2日(木) (H30年1・2月に留学を開始される方)
第3回 平成30年(2018年)2月2日(金) (H30年4月に留学を開始される方)
上記以外の時期に留学を開始される方は、出発(予定)の概ね3ヵ月前にご連絡ください。
なお、原則として平成30年(2018年)夏以降に留学を開始される方は今年度の募集対象と
なりません。
助成の対象(次の1.~4.全てに該当する者)
  1. 26歳未満の宝塚市民
  2. 申請日現在、宝塚市内に継続して3年以上居住している者
  3. 海外の大学(大学院、学部)、短期大学、高等学校またはこれに相当する教育・研究機関へ1学年度以上留学することが既に決定している者
  4. 過去に当該助成金の交付を受けたことのない者
なお、次の①~④の場合は、助成対象となりません。
①現在、海外に留学中の場合 ②専門学校への留学 ③職業訓練を目的とする学校
への留学 ④語学修得のみを目的とした留学
助成額留学1回につき、600,000円
(2回分割で交付、留学先へ入国時500,000円、研究活動結果報告時100,000円)
応募詳細募集要項・申請書は以下よりダウンロードしてください。
宝塚市ホームページ(外部サイト)

2018年度 経団連グローバル人材育成スカラーシップ奨学生募集

応募受付期間 2017年7月12日(水)~9月19日(火)【厳守】
募集人数30名程度
奨 学 金 一人100万円を支給
募集要項・
応募方法
募集の詳細、応募方法は以下のホームページよりご確認ください。
経団連グローバルスカラーシップホームページ(外部サイト)
問合せ先 経団連グローバルスカラーシップ事務局
TEL (03)6361-2792(平日9:30~18:00)
E-Mail: keidanren@disc.co.jp

公益財団法人 経団連国際教育交流財団 2018年度派遣
日本人大学院生奨学生募集のお知らせ

奨学金の概要
募集人員
  1. 経団連国際教育交流財団奨学生(専攻分野、留学先国ともに不問):1名
  2. 東京倶楽部奨学生(専攻分野不問。イギリスに留学する者):1名
奨学金支給
対象期間
留学を開始する2018年度中の新学期からの留学先大学(大学院)在学期間中(1年間または2年間)
奨学金支給内容年間350万円を一律支給(使途は留学先の学費、生活費等、留学に関わる支出に限る)
詳細出願資格等の詳細は募集要項をご確認ください。
募集要項 [PDF 185KB]
応募書類の提出
学内応募受付期間 2017年8月22日(火)~8月24日(木)17時【厳守】
願書提出場所国際課(今出川校地:扶桑館1階、京田辺校地:嗣業館1階)
本奨学金への出願を希望する場合は、同志社大学を通じて出願書類を提出する必要があります。(出願書類を経団連国際教育交流財団へ直接送付することはできません。)
提出書類
  1. 願書(日本語)願書(日本語) [PDF 50KB]および願書(英語)願書(英語) [PDF 15KB](所定用紙)
  2. ①学長または研究科長の推薦状と②指導教員の推薦状
  3. 大学および大学院における学業成績証明書(日本語)
  4. 2015年9月以降受験の語学検定試験成績証明書写しまたは語学力証明書
  5. 研究内容の概要(日本語と留学先での研究に使用する言語)
詳しくは募集要項をご確認ください。

公益財団法人 経団連国際教育交流財団 2018年度派遣
産業リーダー人材育成奨学金奨学生募集のお知らせ

奨学金の概要
募集人員産業リーダー人材育成奨学金奨学生(社会科学系または理工系分野専攻者): 1名ないし2名
奨学金支給対象期間留学を開始する2018年度中の新学期からの留学先大学院在学期間中(1年間または2年間)
奨学金支給内容年間450万円を一律支給(使途は留学先の学費、生活費等、留学に関わる支出に限る)
詳細出願資格等の詳細は募集要項をご確認ください。
募集要項 [PDF 159KB]
応募書類の提出
学内応募受付期間 2017年8月22日(火)~8月24日(木)17時【厳守】
願書提出場所国際課(今出川校地:扶桑館1階、京田辺校地:嗣業館1階)
本奨学金への出願を希望する場合は、同志社大学を通じて出願書類を提出する必要があります。(出願書類を経団連国際教育交流財団へ直接送付することはできません。)
提出書類
  1. 願書(日本語)願書(日本語) [PDF 49KB]および願書(英語)願書(英語) [PDF 15KB](所定用紙)
  2. ①学長または研究科長の推薦状と②指導教員の推薦状
  3. 大学および大学院における学業成績証明書(日本語)
  4. 2015年9月以降受験の語学検定試験成績証明書写しまたは語学力証明書
  5. 研究内容の概要(日本語と留学先での研究に使用する言語)
詳しくは募集要項をご確認ください。

公益財団法人 村田海外留学奨学会 平成29年度 海外留学奨学生募集のお知らせ

受付期間 平成29年7月3日(月)~平成29年8月18日(金)消印有効
奨学金種類 給与奨学金(返還義務無し)
支給内容 往復旅費・生活費・学費 等
支給期間 2年間(学部生・大学院生)
1年間(准教授・講師・助教・助手・ポストドクター)
応募資格 ①日本国籍もしくは日本永住権を有し、学校教育法による大学学部、大学院(前期課程)に
 在籍し、法学、経済学・経営学、理学、工学各科を専攻している満25才以下の学生
②上記学科を専攻した満37才以下の准教授・講師・助教・助手、ポストドクター、大学院(後期
 課程)の方
応募詳細公益財団法人 村田海外留学奨学会(外部サイト)


2018年度 フルブライト奨学生募集のお知らせ

登録受付期間2017年4月1日~5月31日 ※オンライン
奨学金の種類
  • 大学院留学プログラム
  • 大学院博士論文研究プログラム
  • 研究員プログラム
  • ジャーナリストプログラム
  • フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム ※選考日程の異なるプログラム
給付内容奨学金プログラム、留学先等により異なります。詳細は下記ホームページでご確認ください。
応募資格要件
(全プログラム共通)
※プログラムごとの詳細な応募資格要件は、各プログラムの募集要項でご確認ください。
  1. 日本国籍を有すること(日米の二重国籍者あるいは米国永住権を持つ者は応募不可)
  2. 日本在住の者
  3. 米国で支障なく学術活動が行えるだけの充分な英語能力があること。また、学術的能力のみならず、高いコミュニケーション能力があること。
  4. 米国で研究を計画しているテーマに関する専門知識に限らず、広い視野と関心を有すること。
  5. 米国で支障なく学術活動が行えるよう、心身ともに健康であること。
応募の詳細 応募の詳細は以下ホームページでご確認ください。
フルブライト奨学生募集(外部サイト)

公益財団法人 福井県アジア人材基金・長期海外留学奨学金募集のお知らせ

対象者
  • 福井県内の大学・短大・高専・大学院に在籍する学生等(18歳以上35歳以下)
  • 福井県出身で、福井県外の大学・短大・高専・大学院に在籍する学生等(同上)
留学期間原則6か月以上(6か月未満の留学であっても対象として認める場合があります。)
貸与条件
  • 海外の大学等で正規の授業科目を履修するもの
  • 海外の大学等で授業科目を履修した後、在籍する大学等において単位が認定されるもの
  • 海外の大学院レベルの研究留学で、在籍する大学等が適当と認めるもの
  • 海外の教育機関が提供する語学研修プログラム等であり、履修後に修了証明書が発行され、かつ在籍する大学等が適当と認めるもの(アジア圏内への留学を優先しますが、アジア以外の地域への留学であっても対象として認める場合があります。)
貸与額※無利子貸与、返還免除あり
(A)居住費や留学先の教育機関に支払う諸経費
最長12か月・60万円(5万円/月)
※ただし、大学院レベルの研究留学は最長24か月・120万円
(B)渡航や査証取得に要する費用 10万円
※(A)+(B)で、最高70万円を貸与(※ただし、大学院レベルの研究留学は最高130万円)
返還免除の条件卒業後、福井県に本社を持つ企業に就職し、3年間就業を継続した場合には、奨学金の返還を免除
応募詳細公益財団法人 福井県アジア人材基金サイト(外部サイト)

京田辺市国際交流体験補助金交付のお知らせ

詳細以下の要綱を確認のこと
京田辺市国際交流体験補助金交付要綱 [PDF 80KB]
申請書京田辺市国際交流体験補助金交付申請書 [PDF 67KB]
問合せ先京田辺市 市民部市民参画課
TEL:0774-64-1314
E-mail: sankaku@kyotanabe.jp

ヴァニエ・カナダ大学院奨学金(Vanier Canada Graduate Scholarship)のお知らせ